[ 林道とツーリングとカスタムと ]セロー250ブログ =走転快路 そうてんかいろ=

快い路(みち)を走って転んだ週末更新?ブログ。じこまんバイク用品インプレ・レビュー&てきとーバイク日記です。どの記事にでも拍手・コメント頂けると嬉し泣きします。




バイク初心者「バイク屋さんに行ってみたいけど入り辛い..どーやって入ればいいの..?」

2015.03.13 (Fri)
バイク屋


なんか最近「レッドバロン 評判」で来られる方が、以前に比べてちょびっと増えまして。

なんかあったかなー、と思たら3月なんですね。

新しく大学生になったりでバイクに興味持つ子が若干増える時期、とかそんなんでしょうか?

その子達が入りやすいのが、全国にお店のあるレッドバロンとか?

「でもレッドバロンてネットでめっちゃ評判悪いなー・・実際どうなんだろ?」

ってネットで調べて


・[カテゴリ]レッドバロンて実際どーなん?

このへん見にウチにくるとか?

いや想像ですので知りませんが。



んで

「そーいや去年の自分もそんな感じで色々悩んでたなー、っていうか個人経営バイク屋さんって入り辛いんだよねー。怖い親父さんとか出てきたらどうしよう・・とか悩んでたっけw」

という初心を思い出しまして。


んじゃいっちょそんな人達向けに記事書くかと。


そんなわけで

「バイク初心者の人が個人経営のお店に入る方法(手順)とかお店の探し方」です。

まあ自分がやったってだけなんで、正しいかどうかは知りませんが・・(;^ω^)

けどこの手順でやってハズレのお店というのには多分当たってないので、それなりに使えるんじゃないかな?






ブログパーツ





①:お店を探す
tizu.png
なるべく近くがいいです。なんかあった時すぐに持って行けるので。

といっても片田舎に住み、周りにバイク乗る人も居ない自分にはあんまり選択権もなかったです。

なので、「車で15分以内で行ける圏内」にしました。

グーグルの地図で「○○市(←自分の住む市) バイク屋」と検索すると出てきます。




②:そのお店の電話番号やメールアドレスを調べる

pc.png

ネットって便利。

「○○市(←自分の住む市) ○○モータース(←そのお店の名前)」でまず間違いなく電話番号は出てきます。

お店によっては簡易ながらもHPをされている所もあると思います。

そうなったら高確率で(自分調べ)お店や仕事場や店主の人の写真が載ってますので、だいぶ雰囲気が掴めるかも。

あとメールアドレスを載せている事も多いので、不明点とか聞きたい事があれば聞いちゃいましょう。




③:予約をする
denwa.jpg


ぶっちゃけこれは必須かどうか分かりません。ただ自分はやりました。

個人経営のお店だと当然従業員の数も少ないでしょうし。急ぎの仕事で今は接客できない、なんてのもあるでしょうし。

あといきなり行って「バイク見せてください!」よりは丁寧な応対をしてくれるよーな気がします。






④:いよいよ来店!
doa+ao.jpg

はいここで突然のカミングアウト。自分ちょっとコミュ障です。人と話すの苦手です。

子供の頃からそうでした。なので友人もあんま居ません。


先生「はい2人組作ってー!」


が軽くトラウマ。泣いてた記憶があります。というか今思い出しても軽く泣ける。


なので初来店時はドキドキです。

↓これを練習して行ったの覚えてます。

自分「すんませーん、初めてのバイクで色々探してるんですけど、ちょっとバイク見せてもらってもいいすかー? あ、今日お邪魔させて貰うって電話(メール)で予約してた○○なんですけどー。」

みたいな。

実際はカミカミだったかも知れませんが、とりあえず追い返された事はないので結果OK。

ちなみに最低限の排気量区分自分の好きなバイクの型 ぐらいは覚えて行くとスムーズに話が進むかも。

あとメモ持参とか。






⑤:とりあえず最初はレッドバロンに見に行く「だけ」でもいいんじゃない?

rebdoron.jpg

あ、自分別にバロンの回し者じゃないですよ。

さんざん言っといてなんですが、やっぱビギナーの人は全国チェーン店でもあるレッドバロンとかが一番入りやすいバイク屋さんではないでしょうか?

「メーカー・年式問わず実際にバイクが手軽に見れる」というのは非常に初心者の人にはありがたいと思います。

というか自分がそうだったし。



別に買わなくてもいいでしょう。店員さんが話しかけて来たら、

「あ、とりあえず見せてもらってるだけなんでダイジョブです。なんかあったら声かけますね^^」ニッコリ

とか言っとけばいいんです。

そして欲しい車種決まったら別のバイク屋さんに探してもらう、とか。まぁ、あんまりマナーがいいとは言えませんが・・

探してもらった結果いいタマが見つからず、結局バロンで買った。なんて話を自分は知っています。


ただ絶対に、勝手に触ったり股がったりはやめましょう。最低十数万〜百数十万、ひょっとしたら数百万するお店の商品 という認識を忘れずに。




⑥:さいごに

バイク屋

とりあえず実際お店に行きましょう。

怖く無いです。ただでさえ国内二輪市場の衰退が叫ばれる昨今。バイク屋さんも客商売ですから、愛想の悪いお店は潰れます。


なおバイクってネットとか本の画像と、実際見たのでは大きく違います。

どーしても平面的に画像だと見えちゃいますが、実際は各パーツのバランスと立体感・陰影の魅せる現代の工芸品です。工業芸術品です。実用品でもありながら、機能性と美術的な美しさを融合させた工作物です。たぶん。


「うぉぉ!カッケェー!」って思ってた車種が実際見たら

「あれ・・なんか・・フツー・・?」とか


「うーん、あんまり・・」って思ってた車種が実際見たら

「おぉ!?なんか、カッコいい?!」とかあります。


具体的にはセローとか、2012年カラーのセローとか、赤白のセローとか。


・・あるよね? あれ無い? 自分だけ?



スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
●クリックして頂けるとココの更新頻度が上がります!●

コメント

No title
電話で来店予約とかしたら、そのお店で買うって言う感じに思えちゃうなぁ

ええ、私もコミュ障で被害妄想気味です・・・

でもバロンはいろんな車種があって楽しいと思いますね
No title
実物を見るって大事ですよね~

それによって買いたいものがぐるんと変わったりしますしw
>>コメント1さん
(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ

確かにそのお店にはちょっと悪い気もしますね。でも数十万する買い物な訳ですからねー。


御暇する際に

「ありがとうございます、一度家に帰ってじっくり検討してみますね^^」ニッコリ

と、なけなしの勇気を振り絞って傲岸不遜を演じきりましたw 
>>コメント2さん
よかった!やっぱり自分だけじゃ無かったんや!

自分は今でこそセローにべた惚れなのですが、当初はまったく興味なかったんですよ。
エストレヤとかST250Eとかのレトロネイキッド系が候補でした。

それがもうセローの実物見たらね・・(〃ω〃)

管理者のみに表示

トラックバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...